カテゴリ:未分類( 50 )

「先祖のおかげで今の立場に」=鳩山首相、祖父の墓参り(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は7日午後、東京都台東区の谷中霊園を幸夫人とともに訪れ、祖父の鳩山一郎元首相の墓参りをした。この日は一郎氏の命日で、就任後初めての墓参。この後、首相は「鳩山の名に恥じない仕事をやらせてもらいたい思いと、先祖のおかげでこの立場に立たせてもらっている感謝の気持ちを墓前に申し上げた」と記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
原発利用を明記=温暖化対策法案に
大島氏、5月未決着なら退陣を=普天間、鳩山首相「覚悟持って臨む」
鳩山首相、小沢氏はさらに努力を=枝野氏

参院予算委、仙谷・原口・前原の3閣僚が遅刻(読売新聞)
上方漫才コンテスト 「銀シャリ」が優勝(毎日新聞)
ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開(産経新聞)
避難所利用わずか6.5% 第1波後、次々と帰宅 東北4県(河北新報)
無認可託児所で2時間放置、5か月女児窒息死(読売新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-10 05:07

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)

 兵庫県の井戸敏三知事が大阪(伊丹)空港の存続を唱えていることについて、伊丹廃止を主張する大阪府の橋下徹知事は5日、報道陣に「空港問題一つでもこれだけゴタゴタしている。指揮官を一人にしないと、関西は前を向いて進めない」と述べ、持論の「関西州」の実現を訴えた。

 井戸知事は、騒音が悪化しないことを条件に、将来の伊丹の運用時間延長や発着枠の拡大を国に提案する意向だが、橋下知事は「僕は廃港を前提に伊丹のフル活用を主張しているので、(時間延長などは)環境に配慮するなら、一定同じ考え方だ」との見方を示した。

 また、井戸知事が5日夜に兵庫県伊丹市で開かれるシンポジウムに出席することに関し、橋下知事は「伊丹の存続を訴えるなら、(反対の多い)関西空港周辺でやるべきだ」と述べた。

船形山の遭難グループ「3人とも元気」 宮城県警、200人態勢で捜索再開(産経新聞)
奈良妊婦死亡訴訟 「医療体制充実を」大阪地裁が異例の付言(産経新聞)
無修正わいせつDVD、23億円売り上げ(読売新聞)
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台−環境省(時事通信)
<地域主権戦略会議>推進一括法案など関連2法案を報告(毎日新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-08 19:21

引き波後、岸壁冠水=潮位50センチ上昇−北海道・花咲港(時事通信)

 波が引いた後、津波がじわっと押し寄せ、岸壁が冠水した−。北海道根室市の花咲港。付近では、午後1時47分ごろ30センチの津波第1波を観測したが、最も大きな波は約2時間後に押し寄せ、約6分間にわたり岸壁を海水が覆った。
 根室海上保安部分室によると、第1波の後に津波が押し寄せたのは午後3時44分ごろ。担当者が分室内から岸壁方向を監視していたところ、直前にはいったん波が引き、約1メートルほど海面が下がる現象が見られたという。「返しの波が来るぞ」と身構えた瞬間、「津波がじわっと迫ってきた」と話している。
 同市の漁協関係者によると、海水は一時岸壁一面に広がり、下水があふれ出して倉庫にも浸水。倉庫2階の漁協事務所には約10人がいたが、けがはなかったという。職員らは水浸しになった倉庫の掃除などに負われた。
 岸壁は海水に覆われ、潮位は上昇。午後3時50分には約50センチ上昇したのを頂点に、その後は潮が徐々に引き始めたという。 

<地震>沖縄で震度5弱=午前5時31分(毎日新聞)
4氏が届け出=石川知事選(時事通信)
米49ersチアリーダーが関空増便PR(産経新聞)
<愛子さま>強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な子(毎日新聞)
西島大氏死去(劇作家)(時事通信)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-07 01:50

<インフル>患者初の10万人割れ 1週間推計(毎日新聞)

 厚生労働省は26日、今月15〜21日のインフルエンザの定点医療機関(約5000カ所)調査で、1施設当たりの患者報告数が1.76(前週2.81)で4週連続減少したと発表した。10道府県で流行の目安とされる「1」を下回った。1週間の推計患者数は9万人で、昨夏の流行開始以来初めて10万人を割った。流行レベル以下の道府県は、北海道▽青森▽石川▽京都▽和歌山▽広島▽山口▽香川▽愛媛▽熊本。【清水健二】

タミフルを無許可販売=輸入代行業者を再逮捕−大阪府警(時事通信)
大西洋クロマグロ、ワシントン条約で禁輸の危機(読売新聞)
<天皇、皇后両陛下>ラオス国家主席夫妻と会見 昼食も(毎日新聞)
<気象庁>大津波警報を津波警報に変更(毎日新聞)
トムラウシ山遭難事故の生存者招きシンポ(産経新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-05 15:20

通信・放送の法体系、60年ぶり見直し=放送局再編を後押しも−総務省(時事通信)

 総務省は2日の政策会議で、通信・放送分野の法体系を60年ぶりに改める法律案の詳細を公表した。通信と放送の垣根を取り払い、現在8本ある法律を4本に統廃合する内容で、今国会に提出する。景気後退で厳しい経営状況にある放送局の再編を促す可能性もある。
 放送業に参入する場合、現行法では放送設備の保有(ハード)と番組制作(ソフト)とを一括して行う放送局に免許を与える。今回の改正では、ハードとソフトの分離制度を導入し、番組制作だけを行う事業者も参入できるようになる。
 これにより、放送局は投資負担の重い設備を他局と共有化し、経営資源をソフト部分に集中するなど、再編に向けた対応が可能となる。日本民間放送連盟は各局の経営の選択肢が増えるとして歓迎している。 

【関連ニュース】
竹中工務店、連結営業益14.9%増=不採算工事が一巡-10年12月期予想
訪日外国人、過去2番目の多さ=3カ月連続プラス-1月推計
劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円
鹿島、連結営業益19.5%増=工事の採算改善-4〜12月期
文化シヤッター、10年3月期連結純損失40億円に下方修正=景気後退で売り上げ減

<自殺>対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)
アパート火災、幼児2人重体=両親は外出中−宮城(時事通信)
<津波>愛知・田原で70センチ 三重・尾鷲60センチ観測(毎日新聞)
<五輪招致>活動報告書 収入不足7億円、電通から借り入れ(毎日新聞)
路上強盗、男3人逃走=ナイフ突き付け衣服も−東京(時事通信)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-03 20:39

国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は23日、国産の新型インフルエンザワクチンの在庫が、1月12日時点で約774万回分に上ると発表した。同省は「健康成人への接種が始まる前の調査で、すべてが余剰に当たるとは言えない」としている。
 同省によると、医療機関に残っているワクチンが約202万回分、納入先が決まらず卸売業者が抱える在庫が約572万回分あるという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
ピーク越え宣言へ=新型インフルで緊急委-WHO
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず

<津波>「心配なし」の誤情報 英文サイトに掲載 宮城県(毎日新聞)
ナゾの深海魚、日本海沿岸に続々漂着(読売新聞)
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)
小沢氏辞任に期待=民主・渡部氏(時事通信)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-02 14:01

地震 沖縄で震度5弱=午前5時31分 10センチの津波(毎日新聞)

 27日午前5時31分ごろ、沖縄本島近海を震源とする地震があり、沖縄県糸満市で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.9と推定される。沖縄本島で震度5以上が観測されたのは99年ぶり。

【各地の震度など詳しい状況】

 気象庁は一時、沖縄本島に津波警報、鹿児島県の奄美諸島とトカラ列島などに津波注意報を発令。同6時前後に沖縄県南城市で10センチ程度、同県・南大東島で10センチ未満の津波が観測された。

 気象庁によると、地震を引き起こした断層は、津波が発生しやすい縦ずれ型ではなく、北東−南西方向を境界とする横ずれ型。同庁は地震の検知から4.1秒後に緊急地震速報を出し、糸満市では大きな揺れが来るまでに3秒の余裕があった。

 気象庁の関田康雄・地震津波監視課長は記者会見で、「震源付近は大きな地震が頻発する地域ではないが、念のため28日朝ごろまでは余震に注意が必要だ」と説明した。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度4=那覇市、名護市、宜野湾市、浦添市、豊見城市、うるま市、南城市、本部町、北谷町、西原町、与那原町、南風原町、国頭村、東村、今帰仁村、恩納村、読谷村、北中城村、中城村、座間味村、北大東村、鹿児島県与論町

 震度3=沖縄県金武町、嘉手納町、久米島町、宜野座村、伊江村、粟国村、伊平屋村、伊是名村、渡名喜村、南大東村、鹿児島県奄美市、瀬戸内町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町

【福永方人】

もんじゅ再開へ協議申し入れ=地元福井県などに−原子力機構(時事通信)
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解(医療介護CBニュース)
社会保障と税の共通番号、既存番号と併存へ(読売新聞)
柳田邦男さん 伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)
<脱税容疑>弁護士、会計士ら逮捕 土地取引で7.7億円(毎日新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-01 08:25

自民様変わり「派閥」に代わって「勉強会」(産経新聞)

 自民党各派閥の衰退が著しい。昨年の衆院選で所属議員数が激減したうえ、野党転落によりポストの配分機能が大幅に低下し、資金力にも陰りが生じているためだ。執行部からは、「派閥解消論」まで飛び出しており、派閥の存在意義が問われる事態になっている。その一方で、舛添要一元厚生労働相らを中心に、派閥や党を越えた「勉強会」が相次いで発足するなど、党内力学は様変わりの様相となっている。

 「今、自民党の派閥に弊害があるのか。全くない」(町村信孝元官房長官)

 「執行部が落選議員らを物心両面で面倒みて、選挙応援もしてくれるのか」(伊吹文明元幹事長)

 25日昼に開かれた各派総会であいさつに立った幹部はこぞって「派閥解消論」の打ち消しに躍起となった。石破茂政調会長や田野瀬良太郎総務会長らが最近、解消論を口にしていることが背景にあり、実際、石破氏は24日の記者会見で、「(派閥が持つ)選挙、政策の機能は党に集約すべきだ」と主張した。

 各派幹部は、解消論が党内で広がれば、自身の立ち位置が複雑になることから、神経をとがらせている。石破氏が会見した同日夜には、町村、伊吹、古賀誠元幹事長の3氏と額賀派会長の額賀福志郎元財務相が会談し、「彼(石破氏)らはどういう環境で政治家になれたのか忘れている」などと異口同音に不満を漏らしたのも、そのためだ。

 ただ、25日に開かれた各派総会の出席者は、メンバーの半数程度にとどまるなど、最近の派閥には、かつての盛況ぶりはみらない。資金面から派閥運営にも苦労しており、伊吹派は近く、派閥事務所の規模を縮小するほか、高村派と山崎派は、事務所が派閥会長の個人事務所に“吸収”される。

 一方、派閥総会とは対照的に、有志議員による勉強会はにぎわっている。山本有二元金融担当相らが所属する政策グループ「のぞみ」に所属する5人と、無所属の平沼赳夫元経済産業相らの「平沼グループ」3人は、各派総会と同時刻に都内の料理店で初めて顔を合わせ、今後も意見交換を継続することで一致した。午前には、執行部と距離を置く舛添氏が会長の「経済戦略研究会」も2度目の会合を党本部で開き、22人の国会議員が出席した。

 中川秀直元幹事長や与謝野馨元財務相もこうした動きをみせており、自民党では今後、派閥重視派のベテラン議員と勉強会で再生を図る勢力との綱引きが活発化しそうだ。

【関連記事】
仁義なき戦い? 民主、参院岐阜の2人目に自民議員秘書を擁立へ
衆院議長不信任決議案を否決
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
自民党が議院運営委員長解任決議案を提出
自民が審議復帰へ わずか3日でギブアップ

<不正アクセス>和歌山の小6女児を補導 徳島県警(毎日新聞)
「社民と協議したくない」普天間で国民新・下地氏(産経新聞)
外相、シェパード取り締まり要請…豪首相は消極的(読売新聞)
「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ(産経新聞)
<紫外光LED>実用化レベルに 殺菌力高く家庭で応用も(毎日新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-02-26 22:30

小沢氏会見要旨「青木氏の時代的役割は終わった」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が21日、松江市内で行った記者会見の要旨は以下の通り。

 【参院選】

 予定される参院選まで5カ月に迫っている。公認候補の決定は、今週いっぱいにできるだけ終えて、47都道府県のうち、2、3は残るかもしれないが、来週早々に決定したい。党として、選挙態勢をとっていきたい。

 【参院島根選挙区】

 (青木幹雄元参院幹事長は)自民党の中でも参院で非常に大きな力を持っている。その意味ではシンボリック(象徴的な)な、最も(有権者の)関心が高くなる選挙区だ。それだけに、民主党の政治を、新しい政治を打ち立てるために、何としても勝利したい。党本部としては、他の選挙区以上に力を入れて支援態勢をつくる。青木氏はずっと以前からよく知っている。立派な方だが、旧体制を代表するような人。彼の時代的役割は終わったことと認識している。

 【政治とカネ】

 私自身の不徳のいたすところで、国民に大変、迷惑をかけていることをおわびをしている。「不正なお金は一切もらっていない」「不正な行為はしていない」ということは、(東京地検特捜部の捜査で)結果として明らかになったので、国民に理解していただけると思っているし、全国行脚の機会などで答えていきたい。国民の支持を最終的には得られると確信している。

【関連記事】
真紀子、沈黙やぶりついに始動!?擁護一転、小沢に反旗
小沢幹事長を無視? クロでも居残り議員が続々…
「うーん、わからん」小沢氏が顔赤らめ2分で退場
【単刀直言】「渡部恒三さんが“反小沢”を助長」平野貞夫元参院議員
“小沢LOVE”で一線越えた? “腰巾着”がアレ宣言

<長谷川等伯展>展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)
義理の娘陳述へ 事故裁判で被害者参加(産経新聞)
JR西幹部と接触の委員、再任せず 国交省(産経新聞)
鳩山首相 公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
<春一番>北陸各地で風速10超す 09年より9日遅く(毎日新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-02-25 21:14

広島市「黒い雨」模擬実験、降雨地域を解明へ(読売新聞)

 広島市は2010年度から2年をかけて、原爆投下当時の気象条件などを基に黒い雨など、放射性降下物の降下範囲や降り方を明らかにするためのシミュレーションに取り組む。

 気象条件などを整理した後に世界の専門家に呼びかけ、複数のモデルを検討する国際共同研究を行い、より正確なシミュレーションを行うことを目指す。

 シミュレーションは、1988年に市や県が設置した専門家会議が実施したが、その後、新しいモデルの開発が進んでいることから、改めて行う。

 10年度は、シミュレーションを行う前提条件となるきのこ雲の高さや、風向きなどの条件を整理。その後、それらの条件を基に放射性降下物の降下範囲、降り方を推定するためのモデルを公募し、研究者間で議論して、信頼性を高めていく。複数のモデルで検証することによって、より実態に近い結果を出すことを目指す。

 広島市調査課の漆原正浩課長は「今回のシミュレーションで、降雨地域が科学的に解明されることを期待している」と話している。

 原爆投下後に降った黒い雨の降雨地域について、国は「大雨」「小雨」地域を指定。「大雨」地域では、がんなど特定の病気と診断された場合に、被爆者健康手帳が交付されるなど、国の援護が受けられる。それ以外の地域では援護を受けられず、住民らが地域拡大を求めている。

 広島市が2008年から実施している被爆実態調査研究会で行われた住民アンケートでも、国が指定する降雨地域よりも広い範囲で雨が降ったという証言が多数寄せられた。

放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)
地元産和牛の脂を活用したせっけん 佐賀市の精肉店(産経新聞)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)
外国人参政権 政府・与党反対派の「声なき声」(産経新聞)
医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」−学部長会議(時事通信)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-02-24 13:42