【Web】SNSユーザー狙うスパムメール急増(産経新聞)

 フェースブックやツイッターなどのSNSのユーザーを狙ったサイバー攻撃が急増していることが、セキュリティー対策会社「ソフォス」の調査で分かった。それによると、SNSユーザーの57%がスパムメールを受信したことがあると回答。昨年4月に比べ、約70%も増加した。また、悪意のあるソフトを受信したことがあると答えたのは約36%で、同比約70%増だった。同社は「貴重な個人情報がSNS上で流通しており、ハッカーに狙われている」と警告している。

  

消費増税論議、3月に開始=次期衆院選で争点に−菅財務相(時事通信)
菅財務相、消費税論議の封印を改めて否定(産経新聞)
「無我夢中」ホーム転落女性助け、間一髪退避(読売新聞)
健保法改正案を決定 国保法、児童扶養手当法も(産経新聞)
証券取引法違反 経常益62億円水増し…2容疑者を逮捕(毎日新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-02-18 19:16


<< <長谷川等伯展>展示作業行われ... 「元交際相手が刺した」=年下の... >>