<伊勢茶>紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)

 伊勢茶の産地、三重県四日市市水沢町で9日、鉢植えの株をハウスで育てた新茶の初摘みがあった。紺がすり姿の農家の女性15人が、室温15度に保たれたハウスの中で、鮮やかな薄緑色の新芽を手で丁寧に摘み取った。

 生産から直売までを手掛ける「安田製茶」が、5月の露地物シーズンを前に毎年、ハウスでの茶摘みをし、伊勢茶をPRしている。この日収穫した茶葉は約20キロ。安田長功代表(44)は「2月上旬の冷え込みで葉は小ぶりだが、渋みの少ないお茶になりそう」と話した。【井上章】

【関連ニュース】
新茶摘み:静岡・島田のハウス茶園で始まる
新茶摘み:あれに見えるは、ハウス新茶摘み−−静岡・島田
新茶摘み:島田のハウスで始まる /静岡

ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?(産経新聞)
引きずり死初公判 殺人罪の適用例少なく(産経新聞)
JR京浜東北線、人身事故で全線運転見合わせ(読売新聞)
「すべて物理の法則で動く」=野口さん、理科教材用に宇宙実験(時事通信)
日本航空 女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航(毎日新聞)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-11 17:11


<< 「嘘つき」与党に抗議 高校無償... 「先祖のおかげで今の立場に」=... >>