国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は23日、国産の新型インフルエンザワクチンの在庫が、1月12日時点で約774万回分に上ると発表した。同省は「健康成人への接種が始まる前の調査で、すべてが余剰に当たるとは言えない」としている。
 同省によると、医療機関に残っているワクチンが約202万回分、納入先が決まらず卸売業者が抱える在庫が約572万回分あるという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
ピーク越え宣言へ=新型インフルで緊急委-WHO
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず

<津波>「心配なし」の誤情報 英文サイトに掲載 宮城県(毎日新聞)
ナゾの深海魚、日本海沿岸に続々漂着(読売新聞)
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)
小沢氏辞任に期待=民主・渡部氏(時事通信)
[PR]
by ahiiol0efq | 2010-03-02 14:01


<< 通信・放送の法体系、60年ぶり... 地震 沖縄で震度5弱=午前5時... >>